aloha aina connections

ー 風の時代を軽やかに (^^♪ ー 自分を知る。本当の自分と繋がる。

2022/9/19-21 TAMATABI 高千穂2泊3日リトリートのお知らせ。

天孫降臨の地、高千穂。
日本神話には欠かせない聖地。日本人の魂と繋がるパワースポットが点在しています。
9月はこの地を舞台に聖地を巡ってこの地のエネルギーと繋がり、また自分自身を見つめ直し自分自身と繋がり直すリトリートをやろうと思います。

高千穂という土地に興味がある方はもちろん、自分を見つめ直す旅を求める方にもぜひご参加していただけたらと思っています。相変わらず定員が少ないですので、お申込みはお早めにお願い致します。

 

 

高千穂周辺のパワースポット神社・聖地巡礼

天孫降臨の地はいくつが説があるので、ここでそれを言及することはしないが、少なくとも高千穂という土地が持つエネルギーは日本人としての魂に繋がるようなものを感じます。

それは高千穂周辺に点在する数多くの神社にも独特のエネルギーがあり、人によって受け取る感覚は違うと思いますが、きっと参加する人たちにとって大きな節目となるリトリート旅になると感じます。

あらかじめ訪れる神社をここで紹介することはせずに、参加者のエネルギーを感じ取りながら訪れる聖地(パワースポット)を決めたいと考えています。
高千穂と言えば高千穂峡だったり天安河原だったりが有名ですが、それ以外にも素晴らしいエネルギーを感じられるスポットがたくさんありますので、今回はそのような場所を中心に巡りたいと考えています。

【訪問予定地】
鍋ヶ滝
上色見熊野座神社
上野神社
幣立神宮
祇園神
二上神社
秋元神社
高千穂神社
荒立神社
槵觸神社
八大龍王水神
天岩戸神社

 

リトリート中の夜の時間 ~自分を見つめ直し、仲間と語る~

リトリート中の夜の時間は、もちろんみんなで食事を楽しみますが、それだけではありません。どちらかというと夜のほうが私たちが行う宿泊型のTAMATABIリトリートの醍醐味は味わえると言えるでしょう。

カードを使って自分を見つめたり、仲間の話に耳を傾けながら自分自身の人生を振り返ったり、とにかく濃い時間が流れます。視点が変わるし、考え方が広くなりますし、自分らしく生きていこう!という前向きな気持ちになるはずです。
自分に迷いがあったり、日々モヤモヤを感じていたり、もっと輝いて生きていきたいと思っている人にはとても効果的だと思っています。

TAMATABIリトリートの醍醐味を感じられるはずですし、記憶に残る余韻の長い魂の旅になるでしょう。

 

リトリートのコンセプト ~ゆるっと軽やかに。本当の自分と繋がる旅~

TAMATABIでは、「ゆるっと軽やかに。本当の自分に繋がる旅」をコンセプトに自然に触れ、同じ想いの仲間たちと触れ合い、対話し寄り添って、本当の自分を取り戻すための浄化とエネルギーチャージ、喜びと共感できる仲間作りの旅を提供していきます。

年齢も性別も越えた魂の繋がり。愛と調和、共感と感動の繋がり。

リトリートをナビゲートするスタッフは、
本当の自分で生きるあなたを癒しサポートするエンジンマン Yass
×
高い視点と感性で心を読み取り気づきをもたらす心の調律師 Noriko

新しい自分に出会いに、新しい時代の扉を開きに、
ぜひ一緒にゆるっと軽やかに【魂の旅✨】しませんか?

プチ旅行を楽しみながらも、自分自身と向き合い、ご縁を広げて結んでいく。
人とのご縁、神様とのご縁、仕事やお金とのご縁を結び直す。
自分自身の浄化と再生。意識の変容。

カードを引きながらその時々の感覚をシェアし合いながら、パワースポット神社を中心に、自分自身と繋がる一日にしていきたいと思っています。

 

リトリートの詳細

2022年9月19日~21日(月~水)福岡・博多集合

※詳しくは個別にご連絡します。

旅行代金 125,000円
支払方法 銀行振込、クレジットカード(PayPal経由・手数料5%)

募集人数 4名限定(残席2)
最少催行人数 3名
お申し込み締め切り 8/29(月)まで

キャンセルポリシーをご一読ください。
お申込みをもって同意とさせていただきます。

《旅行代金に含まれるもの》
・車での移動交通費
・ナビゲート代
・宿泊代
・朝晩2回の食事代


《旅行代金に含まれないもの》
・集合場所までの交通費および解散後の交通費
・ランチ代
・神社参拝時の拝観料、お賽銭、授与品等
・施設入館料、利用料等

 

 

 

2022/8/28 TAMATABI 富士山麓1DAYリトリートvol.2のお知らせ。

前回5/14に催行した富士山麓リトリート。
行った人の間ではとても好評だった富士山麓のリトリートですが、さすがに一回ですべて巡ることが難しく、8月に再度ということになり、8/28(日)に企画しました。
前回は静岡県側の浅間神社を中心に巡りましたが、今回は山梨県側の浅間神社を中心に、つまり富士五湖周辺をメインに巡ろうと思っています。
季節も夏ですし、天気が良ければ少し歩いていく穴場スポットにも行けたらと画策しています。

前回機会を逃した方もぜひ今回8月末になりますが、ご参加いただけたら嬉しいです。
とはいえ、定員が少ないのでお申込みはお早めにお願い致します。

 

 

リトリートのコンセプト ~ゆるっと軽やかに。本当の自分と繋がる旅~

TAMATABIでは、「ゆるっと軽やかに。本当の自分に繋がる旅」をコンセプトに自然に触れ、同じ想いの仲間たちと触れ合い、対話し寄り添って、本当の自分を取り戻すための浄化とエネルギーチャージ、喜びと共感できる仲間作りの旅を提供していきます。

年齢も性別も越えた魂の繋がり。愛と調和、共感と感動の繋がり。

リトリートをナビゲートするスタッフは、
本当の自分で生きるあなたを癒しサポートするエンジンマン Yass
×
高い視点と感性で心を読み取り気づきをもたらす心の調律師 Noriko

新しい自分に出会いに、新しい時代の扉を開きに、
ぜひ一緒にゆるっと軽やかに【魂の旅✨】しませんか?

プチ旅行を楽しみながらも、自分自身と向き合い、ご縁を広げて結んでいく。
人とのご縁、神様とのご縁、仕事やお金とのご縁を結び直す。
自分自身の浄化と再生。意識の変容。

カードを引きながらその時々の感覚をシェアし合いながら、パワースポット神社を中心に、自分自身と繋がる一日にしていきたいと思っています。

 

浅間神社

f:id:spiritualwalker:20220309102203j:plain

富士山麓には「浅間(せんげん)神社」という名前が付くお社がたくさんあります。
その理由をWikipediaで調べてみたら、下記の通り。

富士信仰に基づいて富士山を神格化した浅間大神(浅間神)、または浅間神を記紀神話に現れる木花之佐久夜毘売命(このはなのさくやびめのみこと)と見てこれを祀る神社である。
浅間神と木花咲耶姫命が同一視されたのには木花之佐久夜毘売の出産が関係している。中には木花之佐久夜毘売命の父神・大山祇神や、姉神・磐長姫命主祭神とするものもあり、それらを含めて全国に約1,300社の浅間信仰の神社がある。これらの神社は、富士山麓をはじめとしてその山容が眺められる地に多く所在する。その中でも特に、富士山南麓の静岡県富士宮市に鎮座する富士山本宮浅間大社総本宮とされている。

……なるほど、そういうことなのね、と納得。

数ある浅間神社を紹介してくれている素晴らしいサイトがあったので、浅間神社の紹介はこのサイトにお任せします。

aumo.jp

この中のどの浅間神社を訪れるかは、いつものことだけど、その時の直感で決めようと思いますが、前回は静岡県側でしたので今回は山梨県側の浅間神社を巡ります。

f:id:spiritualwalker:20220309101758j:plain

 

新屋山神社

f:id:spiritualwalker:20220309103604j:plain

金運神社として名高い新屋山神社。特に奥宮は富士山の二合目にあるため、冬の間(11月下旬~5月上旬頃まで)は道路が閉鎖されているので行けませんが、道路がオープンになった頃合いを見計らって行くのでおそらく参拝できると思います。

そもそもここが金運神社と言われるようになったのは、船井総研船井幸雄会長が安房神社(千葉)、金劔宮(石川)とともに金運神社として伝えたのが始まりのようです。
私が初めてここを訪れたのはもうかれこれ15年くらい前になりますが、金運神社かどうかは別にして、とても気持ちのいい凛とした空気を感じたので富士山麓に行くと訪れるようになりました。

奥宮のほうが有名ですが、本宮もとてもいい場所にあり、「ヤマノカミサマ」として親しまれてきた神社です。ヤマノカミサマは願い事をよく叶えてくれる神様なので、感謝を持って訪れたいと思っています。

f:id:spiritualwalker:20220309105837j:plain

 

龍宮洞穴

西湖の近くにある龍宮洞穴。青木ヶ原の樹海にある溶岩洞窟です。
龍が棲むと言われている場所で、水の神である豊玉姫命を祀っています。
前回ここを訪れてあまりのパワフルさに一同驚愕のスポットとなりました。
なにか離れがたいいつまでもここにいたい!そう感じさせるパワースポットです。
今回、またここを訪れるのを今から楽しみにしています。

 

時間が許せば他にも巡りたいところはあるのですが、あまり欲張らずに一か所ずつじっくりと丁寧に味わいたいと思っています。

f:id:spiritualwalker:20220309120024j:plain

 

番外編

どこかに出かけるとその場所の美味しいものを食べたくなります。食べることは旅の醍醐味のひとつです。ということで、ひとつ気になるスイーツのお店があって、行ってみたいなぁと思っています。

www.porta-y.jp

こちらで紹介されているペーパームーンというお店は、アップルパイが美味しいらしくアップルパイ好きの私としてはぜひ訪れたい場所のひとつ。
リトリートでは美味しいものを食べることも波動を上げるひとつのポイントなので、大事だなぁと感じています。
前回は訪れる時間が遅かったために残念ながらアップルパイが食べられなかったので、今回は早めに行ってリベンジしたいと思っています。

 

リトリートの醍醐味

他にも時間を見ながら思い付きでふらりと立ち寄る場所があるかも知れません。
そんなインスピレーションに任せていく場所にはいつもギフトが待っています。

自分が自分であること。あなたがあなたになること。それがリトリートの効果です。
それは私が提案し追求したい「自分を知る」「本当の自分に戻る」に通じるものです。
それが豊かさへの入り口ですし、世界平和の入り口ですし、愛と調和のレムリアの世界の源なのだと感じます。

今回はどんな仲間に出会えるのか、今から楽しみです。

alohaainaconnections.com

 

リトリートの詳細

2022年8月28日(日)藤沢駅付近8時30分集合

※詳しくは個別にご連絡します。

旅行代金 30,000円
支払方法 銀行振込、クレジットカード(PayPal経由・手数料5%)

募集人数 4名限定(残席1)
お申し込み締め切り 8/21(日)まで

キャンセルポリシーをご一読ください。
お申込みをもって同意とさせていただきます。

《旅行代金に含まれるもの》
・車での移動交通費
・ナビゲート代


《旅行代金に含まれないもの》
・集合場所までの交通費および解散後の交通費
・食事代
・神社参拝時の拝観料、お賽銭、授与品等
・施設入館料、利用料等

 

 

 

2022/7/11-13 TAMATABI 三豊2泊3日リトリートのお知らせ。

昨年も好評だった香川県三豊市の浦島太郎伝説が残る荘内半島でのリトリート。昨年は秋の開催でしたが、今年は夏に開催します。
プライベートビーチが目の前に広がり、引き潮の時には海の道ができて浦島太郎が亀を助けたといわれる無人島・丸山島に渡ることができます。
荘内半島はとにかくロケーションが最高。まるで海外のリゾートに来たような気分になれる穴場のような施設が点在しています。
昨年はビーチを散歩したり周辺の観光名所を巡ったり、キッチンも充実した素敵な施設なので手料理を楽しんだりと、日常を離れて素晴らしい時間を過ごし、参加者の皆様からも好評を博したリトリートです。
今年もまたどんなドラマが待っているのか、ひとりひとりが自分と向き合い、仲間との絆を深め、素晴らしい体験ができると思いますので、ぜひご参加ください。

今回は昨年開催したウラシマビレッジ近くの一軒家に拠点を構えて解放感ある場所で自分を見つめ直し、本当の自分に気づくリトリートを開催したいと思います。

 

 

リトリートのコンセプト ~ゆるっと軽やかに。本当の自分と繋がる旅~

TAMATABIでは、「ゆるっと軽やかに。本当の自分に繋がる旅」をコンセプトに自然に触れ、同じ想いの仲間たちと触れ合い、対話し寄り添って、本当の自分を取り戻すための浄化とエネルギーチャージ、喜びと共感できる仲間作りの旅を提供していきます。

年齢も性別も越えた魂の繋がり。愛と調和、共感と感動の繋がり。

リトリートをナビゲートするスタッフは、
本当の自分で生きるあなたを癒しサポートするエンジンマン Yass
×
高い視点と感性で心を読み取り気づきをもたらす心の調律師 Noriko

新しい自分に出会いに、新しい時代の扉を開きに、
ぜひ一緒にゆるっと軽やかに【魂の旅✨】しませんか?

プチ旅行を楽しみながらも、自分自身と向き合い、ご縁を広げて結んでいく。
人とのご縁、神様とのご縁、仕事やお金とのご縁を結び直す。
自分自身の浄化と再生。意識の変容。

カードを引きながらその時々の感覚をシェアし合いながら、パワースポット神社を中心に、自分自身と繋がる一日にしていきたいと思っています。

 

浦島太郎伝説が残る荘内半島

高松から約1時間、荘内半島に瀬戸内の絶景を一望できる場所がリトリートの拠点。
周りも住宅がほとんどない静かな立地で自然があふれています。
また夜には月が美しく海を照らします。満月直前(7/14が満月)ですので、きっと美しい月が眺められるはず。昨年も屋根の上にみんなで寝転んで月を眺めたことを思い出しました。

なにしろプライベートビーチですから、夜だって波音を聞きながらリトリートのメンバーと語り合ったりできます。朝、浜辺を歩いたり潮が引いていれば丸山島(無人島)まで歩いて行くこともできます。

自然に囲まれた中で自分と向き合うのもいいですし、参加者同士で語り合うのも最高のロケーション。ぜひ箱から出て、思いっきり楽しみにきてくださいね。

 

紫雲出山(しうでやま)

ウラシマビレッジのすぐそばには絶景スポットの紫雲出山(しうでやま)があります。
散歩がてら山を歩く。軽い運動にもなりますし、たぶん時期的に紫陽花の季節じゃないかなと思いますので、皆さんで散歩してみたいなと考えています。

 

高屋神社

天空の鳥居がある高屋神社。昨年は道路が閉鎖されていたために行くことができませんでしたので、今回こそはリベンジしたいと思っています。
ゲッターズ飯田さんによると、日本一の絶景金運パワースポットだということです。
歴史ある格式高い神社ですし、何よりこの絶景は一度は目にする価値があるのではないでしょうか。こちらもウラシマビレッジから近いですのでぜひ訪れようと思います。

父母ヶ浜(ちちぶがはま)

父母ヶ浜は「日本のウユニ塩湖」と呼ばれているフォトジェニックな浜です。
夕刻に潮が引いた浜に行き、水面に反射するように撮影するとインスタ映えする写真が撮影できる絶景スポットです。
昨年、訪れましたが絶景写真を撮るというよりも、裸足になって浜を歩くだけですごく気持ちがいいのを感じました。裸足になって海辺を歩くだけでこんなにも癒されるんだなと実感できた場所。こちらも近いのでコンディションがよかったらまた行きたいなと思っています。

 

その他

サンセットを眺めるだけで人は癒されます。
でも日常生活の中でサンセットを眺める時間なんて、意識しない限りは、なかなか訪れません。でもリトリートだからこそ、自然と触れ合い感じる時間を意識しながら過ごせるのです。
神戸からウラシマビレッジの道中、淡路島を通過します。淡路島のパワースポットなどにも時間があれば立ち寄ろうかなと考えています。

ワンデーリトリートでは体験できない濃密で豊かな時間。それはあなたの心を本来のあなたへと戻してくれる玉手箱となって長い余韻を残すはずです。
平日の開催ではありますが、勇気を持って一歩踏み出すだけの価値あるリトリートだと思います。ぜひあなたのご参加をお待ちしています。

 

リトリートの詳細

2022年7月11日~13日(月~水)神戸・三ノ宮駅周辺集合

※詳しくは個別にご連絡します。

旅行代金 125,000円
支払方法 銀行振込、クレジットカード(PayPal経由・手数料5%)

募集人数 4名限定(残席1)
最少催行人数 3名
お申し込み締め切り 6/20(月)まで

キャンセルポリシーをご一読ください。
お申込みをもって同意とさせていただきます。

《旅行代金に含まれるもの》
・車での移動交通費
・ナビゲート代
・宿泊代
・朝晩2回の食事代


《旅行代金に含まれないもの》
・集合場所までの交通費および解散後の交通費
・ランチ代
・神社参拝時の拝観料、お賽銭、授与品等
・施設入館料、利用料等

 

 

 

2022/6/25 TAMATABI ふたつの磯前神社を巡る。金運&縁結び1DAYリトリートのお知らせ。

茨城県には名だたる神社が点在しています。
昨年、TAMATABIリトリートのテストケースで訪れた御岩神社は宇宙飛行士が光の柱が立っているということで有名になりましたし、188柱の神々を祀る日本屈指の神社です。

また今年4月に訪れた東国三社のひとつ、鹿島神宮茨城県。日本三大稲荷神社のひとつ、笠間稲荷神社茨城県です。関東に住んでいるわたしにとって茨城県というのはパワースポットとして有名な場所が点在している印象があるのです。

そんな茨城県の海沿いにあるふたつの磯前(いそざき)神社「酒列磯前神社」と「大洗磯前神社」(実はこのふたつは兄弟神社です)を今回は巡りたいと思いますし、もう一か所(二か所?)、その時のインスピレーションで訪れたいと思っています。

 

 

リトリートのコンセプト ~ゆるっと軽やかに。本当の自分に繋がる旅~

TAMATABIでは、「ゆるっと軽やかに。本当の自分に繋がる旅」をコンセプトに自然に触れ、同じ想いの仲間たちと触れ合い、対話し寄り添って、本当の自分を取り戻すための浄化とエネルギーチャージ、喜びと共感できる仲間作りの旅を提供していきます。

年齢も性別も越えた魂の繋がり。愛と調和、共感と感動の繋がり。

リトリートをナビゲートするスタッフは、
本当の自分で生きるあなたを癒しサポートするエンジンマン Yass
×
高い視点と感性で心を読み取り気づきをもたらす心の調律師 Noriko

新しい自分に出会いに、新しい時代の扉を開きに、
ぜひ一緒にゆるっと軽やかに【魂の旅✨】しませんか?

自分と繋がって自分らしく生きる変化変容の2022年。
プチ旅行を楽しみながらも、自分自身と向き合い、ご縁を広げて結んでいく。
人とのご縁、神様とのご縁、仕事やお金とのご縁を結び直す。
自分自身の浄化と再生。意識の変容。

カードを引きながらその時々の感覚をシェアし合いながら、パワースポット神社を中心に、自分自身と繋がる一日にしていきたいと思っています。

 

酒列磯前神社(さかつらいそざきじんじゃ)

茨城県ひたちなか市にある酒列磯前神社。なかなか読めない漢字の神社です。この神社の御祭神は少彦名命(すくなひこなのみこと)、配祀神として大名持命(おおなもちのみこと)が祀られています。

同社のサイトによると……

酒列磯前神社」が現在のひたちなか市磯崎町に創建され、また同時期に現在の東茨城郡大洗町には「大洗磯前神社」が創建されました。
少彦名命酒列磯前神社主祭神に、大名持命大洗磯前神社主祭神としてお祀りされるに至りました。
御創建の由緒からもわかるように酒列磯前神社大洗磯前神社は二社で一つの兄弟神社となっております。

宝くじの高額当選者が奉納したといわれる「幸運の亀」が有名。「神社にお参りしてから幸運の亀に触ると御利益がある」と評判になり金運を願う人たちがこぞって参拝するようになりましたが、御神徳は病気平癒、健康長寿、醸造醸造の神、温泉の神です。

この神社の宮司さんは、ジョイフル本田ニューポートひたちなか店の宝くじ売り場で毎年、年末ジャンボ発売日に「多くの方々が高額当選しますように」と祈願祭を執り行っているようで、ここ数年間でこの売り場から総額60億円もの宝くじ当選があったそうです。(◎_◎;)

幸運の亀さんもいいですが、個人的には300mある参道はとても素敵。タブノキスダジイなどの木々のトンネルを潜り抜けて社殿に向かいます。

個人的には宝くじ云々よりも、この参道を歩いてみたい!!という想いがあり、昨年2021年の冬に初めて参詣させていただきました。初夏になればまた違う雰囲気なんだろうなぁ…などと想い、今回リトリートとして計画してみました。

またほかにも海の見える鳥居の雰囲気がとても素敵で、こちらも個人的にはおすすめスポットです。

フォトジェニックなスポットが随所にある美しい自然に囲まれた酒列磯前神社。日頃忙しい日常を過ごしていたり、頭使い過ぎて思考過多になっていたり、自然に触れることが少ない人はとても癒されるのではないでしょうか。

 

大洗磯前神社(おおあらいいそざきじんじゃ)

兄弟神社のもうひとつ、大洗磯前神社
御祭神が縁結びの神である大己貴命(おおなむちのみこと)通称、大黒様と酒列磯前神社同様、少彦名命ということから、恋愛成就、縁結び、家内安全、厄除け、開運招福にご利益があるといわれています。

同社サイトによると…

二神は力を合わせ心を一つにして天下を経営し、まじない、医薬などの道を教え、日本の国の礎を作った神様です。
大己貴命は、だいこく様とも言われ、慈悲深く福徳を授ける神として崇敬されています。
また、神話で大変親しまれている神様でもあり、「因幡の白兎」の昔話は特に有名です。
鰐(わに)に皮をはがれて苦しんでいた白兎に、真水で体を洗い、ガマ(蒲)の穂の上に転がると傷がいえると、教えてあげたという神話です。
古くから、福や医療の神様として慕われていることがわかります。
少彦名命は、医療祖神と仰がれ万民を難病から救う神として信仰されています。
少彦名命も神話によく出てきますが、多くの場合に大己貴命と一緒に行動し、温泉(湯治場)を開発、医療の方法を定めた神様として語られています。
そのお姿は一寸法師のモデルともいわれ、御神影のように大己貴命の手に収まるような小さな体と語られています。

この神社は道を挟んだ海にある鳥居が有名です。

日の出とともに撮影された写真がたくさんありますが、リトリートではそんなに朝早く出かけることが難しいので、日中に眺めることになると思います。

海の鳥居がクローズアップされてしまいますが、ほかにも見どころはたくさんありますし、境内自体がわりと広い神社です。

社殿裏側もとてもいい氣が漂っていて、ほっと落ち着く感じがします。

金運と縁結びのパワースポット、ふたつの磯前神社を巡りながら自分自身と繋がり、心を開いて自然と繋がっていきたいと思っています。

 

その他、パワースポット

あともうひとつかふたつ、時間次第ですが「金運、縁結び」をキーワードに巡ろうかなと考えている場所がありますが、その時のインスピレーションと集まったメンバーのエネルギーで決めたいと思います。どこに行くかは乞うご期待ということで……。

 

金運&縁結び、海沿いをドライブ、パワースポット巡り、自分と繋がるリトリート……さまざまなキーワードはありますが、なんかいいかも!とピンと来たらそれこそサインです。そのサインに従って行動するか、でもやっぱり…と左脳の意識に引きずられてしまうか、そこが風の時代をいきるうえで大きな分岐点になります。

毎月リトリートはやっていますので、いいかも、と思ったらぜひご参加くださいね。
お会いできるのを楽しみに待っています。

リトリートの醍醐味

他にも時間を見ながら思い付きでふらりと立ち寄る場所があるかも知れません。
そんなインスピレーションに任せていく場所にはいつもギフトが待っています。

自分が自分であること。あなたがあなたになること。それがリトリートの効果です。
それは私が提案し追求したい「自分を知る」「本当の自分に戻る」に通じるものです。
それが豊かさへの入り口ですし、世界平和の入り口ですし、愛と調和のレムリアの世界の源なのだと感じます。

今回はどんな仲間に出会えるのか、今から楽しみです。

alohaainaconnections.com

 

リトリートの詳細

2022年6月25日(土)品川駅付近8時30分集合

※詳しくは個別にご連絡します。

旅行代金 30,000円
支払方法 銀行振込、クレジットカード(PayPal経由・手数料5%)

募集人数 4名限定
お申し込み締め切り 6/18(土)まで

キャンセルポリシーをご一読ください。
お申込みをもって同意とさせていただきます。

《旅行代金に含まれるもの》
・車での移動交通費
・ナビゲート代


《旅行代金に含まれないもの》
・集合場所までの交通費および解散後の交通費
・食事代
・神社参拝時の拝観料、お賽銭、授与品等
・施設入館料、利用料等

 

 

2022/6/13 TAMATABI 昇仙峡1DAYリトリートのお知らせ。

夏至近い射手座満月の前日、平日ですが山梨県にある昇仙峡へハイキングリトリートに出かけたいと思います。
車じゃないとアクセスが難しいエリアですので、この機会に森林浴と水のエネルギー、そしてこの土地ならではのクリスタルのエネルギーを受け取りに行ってみませんか?

「リトリートの時代。」というタイトルでブログを書きましたが、自然に触れる重要性に気づいてきている人たちも多くなってきています。いつしか人は枠組みに縛られ、箱の中に閉じ込められ、大いなるものとの繋がりが希薄になってきている世の中に染まってしまって生きるようになってしまいました。

なんか生きにくさを感じている人、自分自身との一致感が薄い人など、ぜひ自然との繋がりを取り戻してみてください。そんなことで何が変わるの?と思うかも知れませんが左脳重視の生き方から、少しだけ右脳を活性化させることをやってみるだけでも、その変化は体感できるはずです。

note.com

 

 

リトリートのコンセプト ~ゆるっと軽やかに。本当の自分と繋がる旅~

TAMATABIでは、「ゆるっと軽やかに。本当の自分に繋がる旅」をコンセプトに自然に触れ、同じ想いの仲間たちと触れ合い、対話し寄り添って、本当の自分を取り戻すための浄化とエネルギーチャージ、喜びと共感できる仲間作りの旅を提供していきます。

年齢も性別も越えた魂の繋がり。愛と調和、共感と感動の繋がり。

リトリートをナビゲートするスタッフは、
本当の自分で生きるあなたを癒しサポートするエンジンマン Yass
×
高い視点と感性で心を読み取り気づきをもたらす心の調律師 Noriko

新しい自分に出会いに、新しい時代の扉を開きに、
ぜひ一緒にゆるっと軽やかに【魂の旅✨】しませんか?

プチ旅行を楽しみながらも、自分自身と向き合い、ご縁を広げて結んでいく。
人とのご縁、神様とのご縁、仕事やお金とのご縁を結び直す。
自分自身の浄化と再生。意識の変容。

カードを引きながらその時々の感覚をシェアし合いながら、パワースポット神社を中心に、自分自身と繋がる一日にしていきたいと思っています。

 

昇仙峡を歩く

f:id:spiritualwalker:20220405121343j:plain

昇仙峡とは、荒川の上流に5㎞にわたって続く奇岩・巨岩の並ぶ渓谷です。
あたり一帯は水のエネルギー、石のエネルギー、木のエネルギーなど、自然界のエネルギーの宝庫ですし、このあたりではクリスタルなども採掘されるようです。
また昇仙峡の奥には知る人ぞ知るパワースポット神社「金櫻(かなざくら)神社」があります。

今回は、昇仙峡をハイキングして、金櫻神社や八雲神社なども詣でて、時間と体力が許せば、富士山からの龍脈パワーが流れているといわれているロープウェイに乗って登れるパノラマ台から弥三郎岳のほうにも行ってみたいと思っています。

f:id:spiritualwalker:20220405122737j:plain

昇仙峡を歩くルートはいくつかあるようで、本格的に歩くと片道5.1㎞くらい、約1時間40分くらいあるそうです。

www.yamanashi-espot.com

 

参加者の体力や時間や天候次第でコースを決めたいと思っていますが、こちらのコースは2.3㎞で約50分で歩けるコースのようです。

www.yamanashi-espot.com

おそらくこうして画面を通して見て想像するよりも、実際の現地に行った時のほうが周辺の雰囲気からエネルギーを感じて、力も湧いてくるような気がします。
自然の力は人のエネルギーを活性化してくれる作用がありますし、また同時に気持ちをほぐしてくれてリラックスさせ、癒してくれる作用もあります。
箱から出ること、意識の枠を外してくれる効果が大いに期待できるでしょう。

f:id:spiritualwalker:20220405122747j:plain

 

昇仙峡マップ

f:id:spiritualwalker:20220405123006j:plain

金櫻神社

f:id:spiritualwalker:20220405124738j:plain

昇仙峡の奥地にあるパワースポット、金櫻神社は昇仙峡を登りつめた地に鎮座する金峰山御神体とした神社です。
一寸法師のルーツともいわれている少彦名命スクナヒコナノミコト)が御祭神、御神宝は「火の玉・水の玉」といわれるこの地で発掘された水晶です。
また神社の名前にもなっている御神木の「金櫻」(鬱金桜)は古くから「金の成る木の金櫻」として崇められているそうです。
頑張っている人を後押ししてくれるパワーがあるそうなので、ぜひ参拝したいと思っています。

 

時間があったらこちらも…八雲神社&弥三郎岳

こちらもパワフルなエネルギーがみなぎる場所。ロープウェイ(往復1,200円)に乗って山頂駅から少し歩くと行ける場所です。

f:id:spiritualwalker:20220405130938j:plain

素戔嗚尊奇稲田姫を御祭神とし、男女の象徴をあわせ持つ御神木があります。
夫婦和合と武運の神として、また縁結びの神として知られています。仲を取り持ってくれるエネルギーをいただけますし、またやる気、活気など内側から力みなぎる感じのエネルギーをいただけます。勝負運(勝運)も上がりそうです。

またその先には弥三郎岳と言われる一枚岩の絶景ポイントもあります。

f:id:spiritualwalker:20220405131424j:plain

弥三郎というのは人の名前で御岳(今の昇仙峡の羅漢寺)にいた酒造りの名人で、大酒飲みだったそうです。とある夜に住職にさとされ、一切のお酒をやめることを誓ってこの山の頂上に登り、天狗になって消えてしまったといわれています。

めちゃくちゃ絶景ですが、周りは柵も何もないので十分に注意しないといけませんし、足元がしっかりした滑らない靴を履かないといけません。

 

最後に昇仙峡の自然やパワースポットの魅力がわかる動画を添えておきます。

youtu.be

 

リトリートの醍醐味

他にも時間を見ながら思い付きでふらりと立ち寄る場所があるかも知れません。
そんなインスピレーションに任せていく場所にはいつもギフトが待っています。

自分が自分であること。あなたがあなたになること。それがリトリートの効果です。
それは私が提案し追求したい「自分を知る」「本当の自分に戻る」に通じるものです。
それが豊かさへの入り口ですし、世界平和の入り口ですし、愛と調和のレムリアの世界の源なのだと感じます。

今回はどんな仲間に出会えるのか、今から楽しみです。

alohaainaconnections.com

 

リトリートの詳細

2022年6月13日(月)藤沢駅付近8時30分集合

※詳しくは個別にご連絡します。

旅行代金 30,000円
支払方法 銀行振込、クレジットカード(PayPal経由・手数料5%)

募集人数 4名限定
お申し込み締め切り 6/6(月)まで

キャンセルポリシーをご一読ください。
お申込みをもって同意とさせていただきます。

《旅行代金に含まれるもの》
・車での移動交通費
・ナビゲート代


《旅行代金に含まれないもの》
・集合場所までの交通費および解散後の交通費
・食事代
・神社参拝時の拝観料、お賽銭、授与品等
・施設入館料、利用料等

 

 

 

2022/5/14 TAMATABI 富士山麓1DAYリトリートのお知らせ。

毎月場所を変えながらやっているリトリート。
新緑と春の日差しが気持ちいい季節、5月の案内です。

5月は富士山麓の神社を中心に巡り、日本の最高峰富士のエネルギー、成長する春の陽氣を受け取り、自分自身の波動を上げていきたいと思います。新緑の頃に富士山って、それだけでもいい感じしませんか?
富士山麓周辺は車がないとなかなか訪れることが難しいエリアなので、ぜひこの機会にリトリートでご一緒できたら嬉しいなぁと思っています。

f:id:spiritualwalker:20220309095617j:plain

 

 

リトリートのコンセプト ~ゆるっと軽やかに。本当の自分と繋がる旅~

TAMATABIでは、「ゆるっと軽やかに。本当の自分に繋がる旅」をコンセプトに自然に触れ、同じ想いの仲間たちと触れ合い、対話し寄り添って、本当の自分を取り戻すための浄化とエネルギーチャージ、喜びと共感できる仲間作りの旅を提供していきます。

年齢も性別も越えた魂の繋がり。愛と調和、共感と感動の繋がり。

リトリートをナビゲートするスタッフは、
本当の自分で生きるあなたを癒しサポートするエンジンマン Yass
×
高い視点と感性で心を読み取り気づきをもたらす心の調律師 Noriko

新しい自分に出会いに、新しい時代の扉を開きに、
ぜひ一緒にゆるっと軽やかに【魂の旅✨】しませんか?

プチ旅行を楽しみながらも、自分自身と向き合い、ご縁を広げて結んでいく。
人とのご縁、神様とのご縁、仕事やお金とのご縁を結び直す。
自分自身の浄化と再生。意識の変容。

カードを引きながらその時々の感覚をシェアし合いながら、パワースポット神社を中心に、自分自身と繋がる一日にしていきたいと思っています。

 

浅間神社

f:id:spiritualwalker:20220309102203j:plain

富士山麓には「浅間(せんげん)神社」という名前が付くお社がたくさんあります。
その理由をWikipediaで調べてみたら、下記の通り。

富士信仰に基づいて富士山を神格化した浅間大神(浅間神)、または浅間神を記紀神話に現れる木花之佐久夜毘売命(このはなのさくやびめのみこと)と見てこれを祀る神社である。
浅間神と木花咲耶姫命が同一視されたのには木花之佐久夜毘売の出産が関係している。中には木花之佐久夜毘売命の父神・大山祇神や、姉神・磐長姫命主祭神とするものもあり、それらを含めて全国に約1,300社の浅間信仰の神社がある。これらの神社は、富士山麓をはじめとしてその山容が眺められる地に多く所在する。その中でも特に、富士山南麓の静岡県富士宮市に鎮座する富士山本宮浅間大社総本宮とされている。

……なるほど、そういうことなのね、と納得。

数ある浅間神社を紹介してくれている素晴らしいサイトがあったので、浅間神社の紹介はこのサイトにお任せします。

aumo.jp

この中のどの浅間神社を訪れるかは、いつものことだけど、その時の直感で決めようと思います。たぶん3つ?くらいかな。

f:id:spiritualwalker:20220309101758j:plain

 

新屋山神社

f:id:spiritualwalker:20220309103604j:plain

金運神社として名高い新屋山神社。特に奥宮は富士山の二合目にあるため、冬の間(11月下旬~5月上旬頃まで)は道路が閉鎖されているので行けませんが、道路がオープンになった頃合いを見計らって行くのでおそらく参拝できると思います。

そもそもここが金運神社と言われるようになったのは、船井総研船井幸雄会長が安房神社(千葉)、金劔宮(石川)とともに金運神社として伝えたのが始まりのようです。
私が初めてここを訪れたのはもうかれこれ15年くらい前になりますが、金運神社かどうかは別にして、とても気持ちのいい凛とした空気を感じたので富士山麓に行くと訪れるようになりました。

奥宮のほうが有名ですが、本宮もとてもいい場所にあり、「ヤマノカミサマ」として親しまれてきた神社です。ヤマノカミサマは願い事をよく叶えてくれる神様なので、感謝を持って訪れたいと思っています。

f:id:spiritualwalker:20220309105837j:plain

 

龍宮洞穴

f:id:spiritualwalker:20220309111508j:plain

西湖の近くにある龍宮洞穴。青木ヶ原の樹海にある溶岩洞窟です。
龍が棲むと言われている場所で、水の神である豊玉姫命を祀っています。
パワースポットということなのですが、とある動画で拝見してからとても惹かれるので訪れたいと思っています。
どんな体験ができるのか、今からワクワクしています。

 

時間が許せば他にも巡りたいところはあるのですが、あまり欲張らずに一か所ずつじっくりと丁寧に味わいたいと思っています。

f:id:spiritualwalker:20220309120024j:plain

 

番外編

どこかに出かけるとその場所の美味しいものを食べたくなります。食べることは旅の醍醐味のひとつです。ということで、ひとつ気になるスイーツのお店があって、行ってみたいなぁと思っています。

www.porta-y.jp

こちらで紹介されているペーパームーンというお店は、アップルパイが美味しいらしくアップルパイ好きの私としてはぜひ訪れたい場所のひとつ。
リトリートでは美味しいものを食べることも波動を上げるひとつのポイントなので、大事だなぁと感じています。

 

リトリートの醍醐味

他にも時間を見ながら思い付きでふらりと立ち寄る場所があるかも知れません。
そんなインスピレーションに任せていく場所にはいつもギフトが待っています。

自分が自分であること。あなたがあなたになること。それがリトリートの効果です。
それは私が提案し追求したい「自分を知る」「本当の自分に戻る」に通じるものです。
それが豊かさへの入り口ですし、世界平和の入り口ですし、愛と調和のレムリアの世界の源なのだと感じます。

今回はどんな仲間に出会えるのか、今から楽しみです。

alohaainaconnections.com

 

リトリートの詳細

2022年5月14日(土)藤沢駅付近8時30分集合

※詳しくは個別にご連絡します。

旅行代金 30,000円
支払方法 銀行振込、クレジットカード(PayPal経由・手数料5%)

募集人数 4名限定(残席2)
お申し込み締め切り 5/7(土)まで

キャンセルポリシーをご一読ください。
お申込みをもって同意とさせていただきます。

《旅行代金に含まれるもの》
・車での移動交通費
・ナビゲート代


《旅行代金に含まれないもの》
・集合場所までの交通費および解散後の交通費
・食事代
・神社参拝時の拝観料、お賽銭、授与品等
・施設入館料、利用料等

 

 

 

2022/3/27-28 TAMATABI 軽井沢リトリートのお知らせ。

桜もちらほらと咲き始める春。まばゆい緑と水を求めて新春の軽井沢へ出かけてみませんか?軽井沢のリトリートは神社仏閣を巡るというよりも、自然の中を散策しながら、ゆっくりと日常を離れて、心とからだを癒す感じのリトリートです。
アウトレットモールやハルニレテラスなどにも寄りながらショッピングなども楽しもうと思っています。普段の聖地巡りとは違って自然だけでなく買い物や温泉なども楽しめる、とても緩めのリトリートです。

 

 

リトリートのコンセプト ~ゆるっと軽やかに。本当の自分と繋がる旅~

TAMATABIでは、「ゆるっと軽やかに。本当の自分と繋がる旅」をコンセプトに自然に触れ、同じ想いの仲間たちと触れ合い、対話し寄り添って、本当の自分を取り戻すための浄化とエネルギーチャージ、喜びと共感できる仲間作りの旅を提供していきます。

年齢も性別も越えた魂の繋がり。愛と調和、共感と感動の繋がり。

リトリートをナビゲートするスタッフは、
本当の自分で生きるあなたを癒しサポートするエンジンマン Yass
×
高い視点と感性で心を読み取り気づきをもたらす心の調律師 Noriko

新しい自分に出会いに、新しい時代の扉を開きに、
ぜひ一緒にゆるっと軽やかに【魂の旅✨】しませんか?

自分と繋がって自分らしく生きる変化変容の2022年。
プチ旅行を楽しみながらも、自分自身と向き合い、ご縁を広げて結んでいく。
人とのご縁、神様とのご縁、仕事やお金とのご縁を結び直す。
自分自身の浄化と再生。意識の変容。

カードを引きながらその時々の感覚をシェアし合いながら、パワースポット神社を中心に、自分自身と繋がる一日にしていきたいと思っています。

f:id:spiritualwalker:20220216135347j:plain

 

軽井沢リトリート

このリトリートについては巡りたいと思っているスポットはいくつかあります。
しかし何よりも軽井沢という場所の氣に触れる、それもあまり人で賑わっていない時期だからこその水と緑に包まれた空間に身を置いて氣に触れる、そしてこの地の温泉に浸かってエネルギーを受け取る、自分自身を解放してお買い物を楽しむなど、軽井沢ならではのエネルギーを受け取ることができると感じていますし、それが今大切なことのように思うのです。

軽井沢のエネルギーは純和風ではなく、心なしか明るく感じられる西洋のエネルギーと水と緑を中心とした自然が融合した他にはない独特な感じがします。

ひとりの宣教師から避暑地軽井沢が始まったことがこの土地のエネルギーを特別なものにしているのだと感じます。

避暑地としての軽井沢のスタートは1886年明治19年)、カナダ生まれの宣教師アレキサンダー・クロフト・ショー氏が当地を訪れ、その美しい清澄な自然と気候に感嘆し、家族、友人たちにそのすばらしさを推奨して、その夏この地へ避暑に訪れたのが最初だと言われている。明治21年には旧軽井沢の大塚山に簡素な別荘を建て、内外の知名人に軽井沢が保健と勉学の適地として紹介したため、ショー氏の友人たちである宣教師の別荘が年を追って建ち始めた。そして明治26年には初めての日本人所有の別荘も建てられた。

ショー氏とその友人たちの手によって避暑地としての新しい生命を与えられた軽井沢は、同年開通した碓氷新鉄道によって更にその発展の速度を早めていった。また、避暑地軽井沢の初期は外国人宣教師やその家族が大半であり、必然的にキリスト教的風潮の強い町であった。
そんなところから彼らは軽井沢を永遠に明るく清潔で住みよい町にしようと心掛け、自ら率先し、住民たちにも「時間と約束を守ること、ウソを言わぬこと、生活を簡素にすること……」など呼びかけ、これを励行した。

これらの実践により、「善良な風俗を守り、清潔な環境を築こう」という高潔な精神が避暑地軽井沢の輝かしき伝統と歴史を貫く「軽井沢憲章」の根底となり、軽井沢を支えてきたのである。

karuizawa-kankokyokai.jp

この混沌としていて重苦しい時代のエネルギーから抜け出して、もっと自由で軽やかな本来の自分のワクワクに気づいていくことができるのではないかと思います。

 

訪れる予定のスポット

碓氷峠見晴台

f:id:spiritualwalker:20220216155900j:plain

 

白糸の滝

f:id:spiritualwalker:20220216154102j:plain

 

石の教会

f:id:spiritualwalker:20220216154302j:plain

 

ハルニレテラス

f:id:spiritualwalker:20220216154535j:plain

 

ミミロータス(チャイのお店)

f:id:spiritualwalker:20220216155241j:plain
mimilotus.net

 

ここだけは巡りたいという場所だけピックアップしました。

宿泊するのももし早めに人数が集まれば、このようなロケーションのところに泊まろうと思っています。

f:id:spiritualwalker:20220216161201j:plain

 

軽井沢のリトリートは、とにかくどこを巡るというよりも自然の中に身を置く、この地の氣に触れるということが一番の目的です。散歩したり、美味しいものを食べたり、温泉に浸かったり、買い物したり……日常のありきたりな出来事ですが環境が変われば気持ちも全然違います。軽井沢という昔ながらの「聖地」で過ごす。それだけで立派なリトリートになると感じています。

 

リトリートの醍醐味

他にも時間を見ながら思い付きでふらりと立ち寄る場所があるかも知れません。
そんなインスピレーションに任せていく場所にはいつもギフトが待っています。

自分が自分であること。あなたがあなたになること。それがリトリートの効果です。
それは私が提案し追求したい「自分を知る」「本当の自分に戻る」に通じるものです。
それが豊かさへの入り口ですし、世界平和の入り口ですし、愛と調和のレムリアの世界の源なのだと感じます。

今回はどんな仲間に出会えるのか、今から楽しみです。

alohaainaconnections.com

 

リトリートの詳細

2022年3月27日(日)横浜駅付近8時30分集合

※詳しくは個別にご連絡します。

旅行代金 55,000円(1泊2日)
支払方法 銀行振込、クレジットカード(PayPal経由・手数料5%)

募集人数 4名限定
お申し込み締め切り 3/13(日)まで

キャンセルポリシーをご一読ください。
お申込みをもって同意とさせていただきます。

《旅行代金に含まれるもの》
・車での移動交通費
・ナビゲート代

・宿泊費

 

《旅行代金に含まれないもの》
・集合場所までの交通費および解散後の交通費
・食事代
・神社参拝時の拝観料、お賽銭、授与品等
・施設入館料、利用料等