aloha aina connections

ー 風の時代を軽やかに (^^♪ ー 自分を知る。本当の自分と繋がる。

2022/5/14 TAMATABI 富士山麓1DAYリトリートのお知らせ。

毎月場所を変えながらやっているリトリート。
新緑と春の日差しが気持ちいい季節、5月の案内です。

5月は富士山麓の神社を中心に巡り、日本の最高峰富士のエネルギー、成長する春の陽氣を受け取り、自分自身の波動を上げていきたいと思います。新緑の頃に富士山って、それだけでもいい感じしませんか?
富士山麓周辺は車がないとなかなか訪れることが難しいエリアなので、ぜひこの機会にリトリートでご一緒できたら嬉しいなぁと思っています。

f:id:spiritualwalker:20220309095617j:plain

 

 

リトリートのコンセプト ~ゆるっと軽やかに。本当の自分と繋がる旅~

TAMATABIでは、「ゆるっと軽やかに。本当の自分に繋がる旅」をコンセプトに自然に触れ、同じ想いの仲間たちと触れ合い、対話し寄り添って、本当の自分を取り戻すための浄化とエネルギーチャージ、喜びと共感できる仲間作りの旅を提供していきます。

年齢も性別も越えた魂の繋がり。愛と調和、共感と感動の繋がり。

リトリートをナビゲートするスタッフは、
本当の自分で生きるあなたを癒しサポートするエンジンマン Yass
×
高い視点と感性で心を読み取り気づきをもたらす心の調律師 Noriko

新しい自分に出会いに、新しい時代の扉を開きに、
ぜひ一緒にゆるっと軽やかに【魂の旅✨】しませんか?

プチ旅行を楽しみながらも、自分自身と向き合い、ご縁を広げて結んでいく。
人とのご縁、神様とのご縁、仕事やお金とのご縁を結び直す。
自分自身の浄化と再生。意識の変容。

カードを引きながらその時々の感覚をシェアし合いながら、パワースポット神社を中心に、自分自身と繋がる一日にしていきたいと思っています。

 

浅間神社

f:id:spiritualwalker:20220309102203j:plain

富士山麓には「浅間(せんげん)神社」という名前が付くお社がたくさんあります。
その理由をWikipediaで調べてみたら、下記の通り。

富士信仰に基づいて富士山を神格化した浅間大神(浅間神)、または浅間神を記紀神話に現れる木花之佐久夜毘売命(このはなのさくやびめのみこと)と見てこれを祀る神社である。
浅間神と木花咲耶姫命が同一視されたのには木花之佐久夜毘売の出産が関係している。中には木花之佐久夜毘売命の父神・大山祇神や、姉神・磐長姫命主祭神とするものもあり、それらを含めて全国に約1,300社の浅間信仰の神社がある。これらの神社は、富士山麓をはじめとしてその山容が眺められる地に多く所在する。その中でも特に、富士山南麓の静岡県富士宮市に鎮座する富士山本宮浅間大社総本宮とされている。

……なるほど、そういうことなのね、と納得。

数ある浅間神社を紹介してくれている素晴らしいサイトがあったので、浅間神社の紹介はこのサイトにお任せします。

aumo.jp

この中のどの浅間神社を訪れるかは、いつものことだけど、その時の直感で決めようと思います。たぶん3つ?くらいかな。

f:id:spiritualwalker:20220309101758j:plain

 

新屋山神社

f:id:spiritualwalker:20220309103604j:plain

金運神社として名高い新屋山神社。特に奥宮は富士山の二合目にあるため、冬の間(11月下旬~5月上旬頃まで)は道路が閉鎖されているので行けませんが、道路がオープンになった頃合いを見計らって行くのでおそらく参拝できると思います。

そもそもここが金運神社と言われるようになったのは、船井総研船井幸雄会長が安房神社(千葉)、金劔宮(石川)とともに金運神社として伝えたのが始まりのようです。
私が初めてここを訪れたのはもうかれこれ15年くらい前になりますが、金運神社かどうかは別にして、とても気持ちのいい凛とした空気を感じたので富士山麓に行くと訪れるようになりました。

奥宮のほうが有名ですが、本宮もとてもいい場所にあり、「ヤマノカミサマ」として親しまれてきた神社です。ヤマノカミサマは願い事をよく叶えてくれる神様なので、感謝を持って訪れたいと思っています。

f:id:spiritualwalker:20220309105837j:plain

 

龍宮洞穴

f:id:spiritualwalker:20220309111508j:plain

西湖の近くにある龍宮洞穴。青木ヶ原の樹海にある溶岩洞窟です。
龍が棲むと言われている場所で、水の神である豊玉姫命を祀っています。
パワースポットということなのですが、とある動画で拝見してからとても惹かれるので訪れたいと思っています。
どんな体験ができるのか、今からワクワクしています。

 

時間が許せば他にも巡りたいところはあるのですが、あまり欲張らずに一か所ずつじっくりと丁寧に味わいたいと思っています。

f:id:spiritualwalker:20220309120024j:plain

 

番外編

どこかに出かけるとその場所の美味しいものを食べたくなります。食べることは旅の醍醐味のひとつです。ということで、ひとつ気になるスイーツのお店があって、行ってみたいなぁと思っています。

www.porta-y.jp

こちらで紹介されているペーパームーンというお店は、アップルパイが美味しいらしくアップルパイ好きの私としてはぜひ訪れたい場所のひとつ。
リトリートでは美味しいものを食べることも波動を上げるひとつのポイントなので、大事だなぁと感じています。

 

リトリートの醍醐味

他にも時間を見ながら思い付きでふらりと立ち寄る場所があるかも知れません。
そんなインスピレーションに任せていく場所にはいつもギフトが待っています。

自分が自分であること。あなたがあなたになること。それがリトリートの効果です。
それは私が提案し追求したい「自分を知る」「本当の自分に戻る」に通じるものです。
それが豊かさへの入り口ですし、世界平和の入り口ですし、愛と調和のレムリアの世界の源なのだと感じます。

今回はどんな仲間に出会えるのか、今から楽しみです。

alohaainaconnections.com

 

リトリートの詳細

2022年5月14日(土)藤沢駅付近8時30分集合

※詳しくは個別にご連絡します。

旅行代金 30,000円
支払方法 銀行振込、クレジットカード(PayPal経由・手数料5%)

募集人数 4名限定
お申し込み締め切り 5/7(土)まで

キャンセルポリシーをご一読ください。
お申込みをもって同意とさせていただきます。

《旅行代金に含まれるもの》
・車での移動交通費
・ナビゲート代


《旅行代金に含まれないもの》
・集合場所までの交通費および解散後の交通費
・食事代
・神社参拝時の拝観料、お賽銭、授与品等
・施設入館料、利用料等

 

 

 

2022/3/27-28 TAMATABI 軽井沢リトリートのお知らせ。

桜もちらほらと咲き始める春。まばゆい緑と水を求めて新春の軽井沢へ出かけてみませんか?軽井沢のリトリートは神社仏閣を巡るというよりも、自然の中を散策しながら、ゆっくりと日常を離れて、心とからだを癒す感じのリトリートです。
アウトレットモールやハルニレテラスなどにも寄りながらショッピングなども楽しもうと思っています。普段の聖地巡りとは違って自然だけでなく買い物や温泉なども楽しめる、とても緩めのリトリートです。

 

 

リトリートのコンセプト ~ゆるっと軽やかに。本当の自分と繋がる旅~

TAMATABIでは、「ゆるっと軽やかに。本当の自分と繋がる旅」をコンセプトに自然に触れ、同じ想いの仲間たちと触れ合い、対話し寄り添って、本当の自分を取り戻すための浄化とエネルギーチャージ、喜びと共感できる仲間作りの旅を提供していきます。

年齢も性別も越えた魂の繋がり。愛と調和、共感と感動の繋がり。

リトリートをナビゲートするスタッフは、
本当の自分で生きるあなたを癒しサポートするエンジンマン Yass
×
高い視点と感性で心を読み取り気づきをもたらす心の調律師 Noriko

新しい自分に出会いに、新しい時代の扉を開きに、
ぜひ一緒にゆるっと軽やかに【魂の旅✨】しませんか?

自分と繋がって自分らしく生きる変化変容の2022年。
プチ旅行を楽しみながらも、自分自身と向き合い、ご縁を広げて結んでいく。
人とのご縁、神様とのご縁、仕事やお金とのご縁を結び直す。
自分自身の浄化と再生。意識の変容。

カードを引きながらその時々の感覚をシェアし合いながら、パワースポット神社を中心に、自分自身と繋がる一日にしていきたいと思っています。

f:id:spiritualwalker:20220216135347j:plain

 

軽井沢リトリート

このリトリートについては巡りたいと思っているスポットはいくつかあります。
しかし何よりも軽井沢という場所の氣に触れる、それもあまり人で賑わっていない時期だからこその水と緑に包まれた空間に身を置いて氣に触れる、そしてこの地の温泉に浸かってエネルギーを受け取る、自分自身を解放してお買い物を楽しむなど、軽井沢ならではのエネルギーを受け取ることができると感じていますし、それが今大切なことのように思うのです。

軽井沢のエネルギーは純和風ではなく、心なしか明るく感じられる西洋のエネルギーと水と緑を中心とした自然が融合した他にはない独特な感じがします。

ひとりの宣教師から避暑地軽井沢が始まったことがこの土地のエネルギーを特別なものにしているのだと感じます。

避暑地としての軽井沢のスタートは1886年明治19年)、カナダ生まれの宣教師アレキサンダー・クロフト・ショー氏が当地を訪れ、その美しい清澄な自然と気候に感嘆し、家族、友人たちにそのすばらしさを推奨して、その夏この地へ避暑に訪れたのが最初だと言われている。明治21年には旧軽井沢の大塚山に簡素な別荘を建て、内外の知名人に軽井沢が保健と勉学の適地として紹介したため、ショー氏の友人たちである宣教師の別荘が年を追って建ち始めた。そして明治26年には初めての日本人所有の別荘も建てられた。

ショー氏とその友人たちの手によって避暑地としての新しい生命を与えられた軽井沢は、同年開通した碓氷新鉄道によって更にその発展の速度を早めていった。また、避暑地軽井沢の初期は外国人宣教師やその家族が大半であり、必然的にキリスト教的風潮の強い町であった。
そんなところから彼らは軽井沢を永遠に明るく清潔で住みよい町にしようと心掛け、自ら率先し、住民たちにも「時間と約束を守ること、ウソを言わぬこと、生活を簡素にすること……」など呼びかけ、これを励行した。

これらの実践により、「善良な風俗を守り、清潔な環境を築こう」という高潔な精神が避暑地軽井沢の輝かしき伝統と歴史を貫く「軽井沢憲章」の根底となり、軽井沢を支えてきたのである。

karuizawa-kankokyokai.jp

この混沌としていて重苦しい時代のエネルギーから抜け出して、もっと自由で軽やかな本来の自分のワクワクに気づいていくことができるのではないかと思います。

 

訪れる予定のスポット

碓氷峠見晴台

f:id:spiritualwalker:20220216155900j:plain

 

白糸の滝

f:id:spiritualwalker:20220216154102j:plain

 

石の教会

f:id:spiritualwalker:20220216154302j:plain

 

ハルニレテラス

f:id:spiritualwalker:20220216154535j:plain

 

ミミロータス(チャイのお店)

f:id:spiritualwalker:20220216155241j:plain
mimilotus.net

 

ここだけは巡りたいという場所だけピックアップしました。

宿泊するのももし早めに人数が集まれば、このようなロケーションのところに泊まろうと思っています。

f:id:spiritualwalker:20220216161201j:plain

 

軽井沢のリトリートは、とにかくどこを巡るというよりも自然の中に身を置く、この地の氣に触れるということが一番の目的です。散歩したり、美味しいものを食べたり、温泉に浸かったり、買い物したり……日常のありきたりな出来事ですが環境が変われば気持ちも全然違います。軽井沢という昔ながらの「聖地」で過ごす。それだけで立派なリトリートになると感じています。

 

リトリートの醍醐味

他にも時間を見ながら思い付きでふらりと立ち寄る場所があるかも知れません。
そんなインスピレーションに任せていく場所にはいつもギフトが待っています。

自分が自分であること。あなたがあなたになること。それがリトリートの効果です。
それは私が提案し追求したい「自分を知る」「本当の自分に戻る」に通じるものです。
それが豊かさへの入り口ですし、世界平和の入り口ですし、愛と調和のレムリアの世界の源なのだと感じます。

今回はどんな仲間に出会えるのか、今から楽しみです。

alohaainaconnections.com

 

リトリートの詳細

2022年3月27日(日)横浜駅付近8時30分集合

※詳しくは個別にご連絡します。

旅行代金 55,000円(1泊2日)
支払方法 銀行振込、クレジットカード(PayPal経由・手数料5%)

募集人数 4名限定
お申し込み締め切り 3/13(日)まで

キャンセルポリシーをご一読ください。
お申込みをもって同意とさせていただきます。

《旅行代金に含まれるもの》
・車での移動交通費
・ナビゲート代

・宿泊費

 

《旅行代金に含まれないもの》
・集合場所までの交通費および解散後の交通費
・食事代
・神社参拝時の拝観料、お賽銭、授与品等
・施設入館料、利用料等

 

 

 

2022/4/23 TAMATABI 東国三社1DAYリトリートのお知らせ。

関東には伊勢神宮と並ぶほどのパワースポットがあります。
「東国三社」と呼ばれる3つのお社で、鹿島神宮茨城県鹿嶋市常陸国一之宮)、香取神宮(千葉県香取市下総国一之宮)、息栖神社(茨城県神栖市)のことです。
三社を参拝するとお伊勢参りをしたのと同じご利益が授かると江戸時代には信仰されていました。
また明治以前には伊勢、香取、鹿島だけが「神宮」と名乗ることができた聖地です。
神宮とは、御祭神が皇室の祖神や歴代天皇、皇室と縁の深い神をお祀りする神社です。
今回は電車ではいっぺんに巡るのがなかなか難しい由緒ある東国三社を一度に巡る1DAYリトリートのお知らせです。

 

 

リトリートのコンセプト ~ゆるっと軽やかに。本当の自分に繋がる旅~

TAMATABIでは、「ゆるっと軽やかに。本当の自分に繋がる旅」をコンセプトに自然に触れ、同じ想いの仲間たちと触れ合い、対話し寄り添って、本当の自分を取り戻すための浄化とエネルギーチャージ、喜びと共感できる仲間作りの旅を提供していきます。

年齢も性別も越えた魂の繋がり。愛と調和、共感と感動の繋がり。

リトリートをナビゲートするスタッフは、
本当の自分で生きるあなたを癒しサポートするエンジンマン Yass
×
高い視点と感性で心を読み取り気づきをもたらす心の調律師 Noriko

新しい自分に出会いに、新しい時代の扉を開きに、
ぜひ一緒にゆるっと軽やかに【魂の旅✨】しませんか?

自分と繋がって自分らしく生きる変化変容の2022年。
プチ旅行を楽しみながらも、自分自身と向き合い、ご縁を広げて結んでいく。
人とのご縁、神様とのご縁、仕事やお金とのご縁を結び直す。
自分自身の浄化と再生。意識の変容。

カードを引きながらその時々の感覚をシェアし合いながら、パワースポット神社を中心に、自分自身と繋がる一日にしていきたいと思っています。

 

f:id:spiritualwalker:20220209185439j:plain

 

鹿島神宮

f:id:spiritualwalker:20220209190414j:plain

武甕槌大神(たけみかづちのおおかみ)を御祭神とする鹿島神宮は、創建が紀元前660年!と言われる関東最古の由緒ある聖地です。
自分が生きる道を見失うことなく歩む力を与えてくれる繁栄、発展、願望成就のエネルギーを与えてくれます。
敷地が広く見どころがたくさんあるので、神社の御神氣をいただくだけでなく、森の中を散策して森林浴も楽しめると思います。まっすぐに伸びる大きな木からは輝きに導かれるエネルギーを受け取ることができるでしょう。

 

f:id:spiritualwalker:20220209192801p:plain

本殿、拝殿はもちろんですが、仮殿にも丁寧にご挨拶させていただいた後に、奥参道を歩いて奥宮、要石、御手洗池などにも足を運んでみようと思います。
奥参道を歩きながら、未来のなりたい自分、こんな未来が創造できたらいいなということをイメージしてワクワクした未来を語り合いながら歩けたらと思います。敏感な人はエネルギーの違い、氣の違いを感じられるのではないでしょうか。
森の中は意識を向けた対象物のエネルギーがいただけます。感謝しながらひとつひとつ無意識に惹かれるものを丁寧に感じてみるといいと思います。
また歩くことでグラウンディングにもなり、森の木々のパワフルなエネルギーで迷いや我欲などの浄化にもなります。自分を清めながら一歩一歩踏みしめて深く呼吸しながら土地の氣をいただきましょう。

 

f:id:spiritualwalker:20220209195409j:plain

 

香取神宮

f:id:spiritualwalker:20220209195528j:plain

香取神宮も森に囲まれています。鹿島神宮よりもさらに深い静寂があるように感じられる、そんな場所です。自分自身と向き合う、自分と繋がるには最適な場所ではないかと感じています。

自分が進むべき道を示してくれる、自分自身を勝利への光へと繋ぐ気づきを与えてくれる、そんな気配がする聖地。誰かが作った道を歩むのではなく、自分自身の道というものがきっと誰の人生にもあるはずです。その道を創るのが人生かも知れません。
自分が自分らしく、光り輝く道を歩む。それが魂が求めていることです。そんな自分の道を見失ってしまっているのが、今の時代かも知れません。
誰かの言うことを聞いていればいい、大勢の意見に従っていれば大丈夫、という「寄らば大樹の陰」という時代ではなくなりました。
だからこそ、自分でちゃんと道を見定める。自分で決める勇気と覚悟が必要なのです。

 

f:id:spiritualwalker:20220211121325j:plain

東国三社は、自分で自分の決めた道を歩む勇気と強い覚悟を与えてくれて人生を勝利へと導いてくれる光だと感じます。強い意思と達成する粘り強さ、自分自身を諦めない力を与えてくれるはずです。

鹿島神宮香取神宮も「要石」という石があります。地震封じの石と伝えられていて、大ナマズが暴れるのを封じ込めるパワーを宿していると言われています。
ナマズとは何でしょう?それはきっと私たちの内に潜むエゴとか欲とか、とどまることを知らない邪気のように感じます。
鹿島神宮の要石が大ナマズの頭を、香取神宮の要石が尾を抑えていると言われています。このふたつはセットですので、両方とも巡り私たちを正しい道へと導いてくれる力を授かりたいと思っています。

 

f:id:spiritualwalker:20220211120034j:plain

 

息栖神社

f:id:spiritualwalker:20220211121539j:plain

息栖神社の一の鳥居の両端には忍潮井男瓶(おしおいおがめ)と女瓶(めがめ)のふたつの井戸があります。
男性性と女性性のエネルギーが合わさっている場所。統合、成就の地とも言えるのではないかと思います。
男瓶(男性性)は現実世界を生きる社会的な力を整え活性化させてくれますし、女瓶(女性性)は愛情や気づきという内面を整えて活性化させてくれます。
中間にある鳥居は両方のエネルギーが統合された場所、調和する場所だと言えます。

息栖神社は、東国ふたつの神宮を繋ぐ役割の地でもあります。そうしたことから人と人を繋ぐ、想いを現実を繋ぐというご縁結びのような役割もあると思いますし、コミュニケーションや人脈など、人間関係を良縁で結ぶ中和させるエネルギーがあるように感じます。

 

f:id:spiritualwalker:20220211125706j:plain

鹿島神宮香取神宮のパワフルなエネルギーをまろやかに中和してくれるそんな場所とも言えるのではないでしょうか。

またこの神社には「招霊木(おがたまのき)」という一円玉の裏側に描かれている木があるそうです。幸運をもたらす精霊が宿る木ということのようです。

一円をバカにするものは一円に泣くこともあります。なんでも小さな積み重ねが大きなものを成し遂げますから、そんなコツコツ積み重ねる力を授けてくれるかも知れません。

息栖神社は、鹿島神宮香取神宮に比べたら小さな境内ですが、両神宮の気を中和させて統合し活性化させるエネルギーを宿す神社だとすると、とても重要なポジションにある神社だと感じます。

 

f:id:spiritualwalker:20220211124559j:plain

GW直前の春、4月。東国三社を巡って自分を見つめ、自分に還り、統合し活性化していく気をいただきに行きたいと思っています。4月の東国三社を巡るリトリートにぜひご参加ください。

 

リトリートの醍醐味

他にも時間を見ながら思い付きでふらりと立ち寄る場所があるかも知れません。
そんなインスピレーションに任せていく場所にはいつもギフトが待っています。

自分が自分であること。あなたがあなたになること。それがリトリートの効果です。
それは私が提案し追求したい「自分を知る」「本当の自分に戻る」に通じるものです。
それが豊かさへの入り口ですし、世界平和の入り口ですし、愛と調和のレムリアの世界の源なのだと感じます。

今回はどんな仲間に出会えるのか、今から楽しみです。

alohaainaconnections.com

 

リトリートの詳細

2022年4月23日(土)品川駅付近8時30分集合

※詳しくは個別にご連絡します。

旅行代金 30,000円
支払方法 銀行振込、クレジットカード(PayPal経由・手数料5%)

募集人数 4名限定
お申し込み締め切り 4/9(土)まで

キャンセルポリシーをご一読ください。
お申込みをもって同意とさせていただきます。

《旅行代金に含まれるもの》
・車での移動交通費
・ナビゲート代


《旅行代金に含まれないもの》
・集合場所までの交通費および解散後の交通費
・食事代
・神社参拝時の拝観料、お賽銭、授与品等
・施設入館料、利用料等

 

 

2022/3/6 TAMATABI 箱根1DAYリトリートのお知らせ。

3月は箱根を舞台に1DAYリトリートを開催させていただきます。
箱根と言えばここしかないというパワースポット、九頭龍神社、箱根神社、箱根本宮の三社巡りに加え、芦ノ湖畔をハイキングして自然と触れ、温泉にも入ろうと企画しています。

 

 

リトリートのコンセプト ~ゆるっと軽やかに。本当の自分と繋がる旅~

TAMATABIでは、「ゆるっと軽やかに。本当の自分に繋がる旅」をコンセプトに自然に触れ、同じ想いの仲間たちと触れ合い、対話し寄り添って、本当の自分を取り戻すための浄化とエネルギーチャージ、喜びと共感できる仲間作りの旅を提供していきます。

年齢も性別も越えた魂の繋がり。愛と調和、共感と感動の繋がり。

リトリートをナビゲートするスタッフは、
本当の自分で生きるあなたを癒しサポートするエンジンマン Yass
×
高い視点と感性で心を読み取り気づきをもたらす心の調律師 Noriko

新しい自分に出会いに、新しい時代の扉を開きに、
ぜひ一緒にゆるっと軽やかに【魂の旅✨】しませんか?

プチ旅行を楽しみながらも、自分自身と向き合い、ご縁を広げて結んでいく。
人とのご縁、神様とのご縁、仕事やお金とのご縁を結び直す。
自分自身の浄化と再生。意識の変容。

カードを引きながらその時々の感覚をシェアし合いながら、パワースポット神社を中心に、自分自身と繋がる一日にしていきたいと思っています。

f:id:spiritualwalker:20220111155717j:plain

 

九頭龍神

f:id:spiritualwalker:20220111160209j:plain

もはや私があれこれと説明するまでもない有名な神社です。
芦ノ湖湖畔に浮かぶ赤い鳥居が目印で、箱根神社を建てた奈良時代の高僧万巻上人が芦ノ湖で暴れて害を与えていた龍を鎮め、その龍を九頭龍大神として祀った神社と伝えられています。
人とのご縁はもちろんのこと、お金とのご縁、仕事とのご縁など、開運全般にご利益のある神社です。

気持ちのいい箱根九頭龍の森セラピーロードを歩いて15分くらいで到着します。

f:id:spiritualwalker:20220111161258j:plain

 

箱根神社

f:id:spiritualwalker:20220111161945j:plain

本殿に向かう参道は両側に樹齢600年を超える杉並木。もうこれだけで佇まいが違います。ググればいくらでも情報は出てきますので、ただ感じる、ということに意識を向けてもらえたらと思っています。

実は箱根神社の社殿隣に九頭龍神社の新宮があります。九頭龍神社にお祀りしている神様と同じなので、ここで二社巡れてしまうのですが、神社をスタンプラリーのように巡るのではなく、五感を研ぎ澄ませて感じることが大切だと思うので、両方丁寧に巡りたいと思っています。

f:id:spiritualwalker:20220111163052j:plain

 

箱根本宮

f:id:spiritualwalker:20220111163750j:plain

箱根神社の奥宮にあたるのが箱根元宮。駒ヶ岳の山頂に鎮座しているので、ロープウェイで行く必要があります。芦ノ湖を一望できる山頂からの眺めは絶景です。
無事にロープウェイが動いてくれていることを祈ります。

ということで、有名どころではありますが箱根の三社を巡ります。

hakonejinja.or.jp

 

芦ノ湖畔を歩く

さてここで終わりにしてしまったらリトリートのおもしろみに欠けてしまいますので、あまり他の人たちがやらないことをやってみよう、ということで芦ノ湖畔を少しだけハイキングしてみようと思います。

芦ノ湖西岸コースと呼ばれる全長11.5㎞のハイキングコースですが、さすがに全部歩くのはハードなので、桃源台というところから亀ヶ崎を往復するコースにします。

f:id:spiritualwalker:20220111165359p:plain

 

桃源台から亀ヶ崎まで約1時間くらいのハイキングですが、仲間とおしゃべりしながら楽しく歩いて、自然に触れる。そんな時間にできたらいいなと思っています。

 

そのほか、ハイキングコースの見どころなどは下のリンクを見てみてください。

www.env.go.jp

 

夕方には温泉にでも浸かりながら疲れを癒したいと思っています。

f:id:spiritualwalker:20220111171100j:plain

 

リトリートの醍醐味

他にも時間を見ながら思い付きでふらりと立ち寄る場所があるかも知れません。
そんなインスピレーションに任せていく場所にはいつもギフトが待っています。

自分が自分であること。あなたがあなたになること。それがリトリートの効果です。
それは私が提案し追求したい「自分を知る」「本当の自分に戻る」に通じるものです。
それが豊かさへの入り口ですし、世界平和の入り口ですし、愛と調和のレムリアの世界の源なのだと感じます。

今回はどんな仲間に出会えるのか、今から楽しみです。

alohaainaconnections.com

 

リトリートの詳細

2022年3月6日(日)藤沢駅付近8時30分集合

※詳しくは個別にご連絡します。

旅行代金 30,000円
支払方法 銀行振込、クレジットカード(PayPal経由・手数料5%)

募集人数 4名限定
お申し込み締め切り 2/20(日)まで

キャンセルポリシーをご一読ください。
お申込みをもって同意とさせていただきます。

《旅行代金に含まれるもの》
・車での移動交通費
・ナビゲート代


《旅行代金に含まれないもの》
・集合場所までの交通費および解散後の交通費
・食事代
・神社参拝時の拝観料、お賽銭、授与品等
・施設入館料、利用料等

 

 

 

2022/2/20 TAMATABI 南房総1DAYリトリートのお知らせ。

2022年も国内リトリートをやっていきます。
国内のリトリートは日帰りだったり、1~3泊のお泊りリトリートだったりと、さまざまなかたちでやっていこうと思っています。
そのうち海外でもやっていくと思いますが、今のところは海外渡航のハードルが高いために国内でのリトリートでやっていこうと思っています。

まずは2022年の最初のリトリートは南房総のパワースポット神社を中心に、海での解放感も味わいながら、楽しい旅にしていきたいと思っています。

 

 

リトリートのコンセプト ~ゆるっと軽やかに。本当の自分と繋がる旅~

TAMATABIでは、「ゆるっと軽やかに。本当の自分と繋がる旅」をコンセプトに自然に触れ、同じ想いの仲間たちと触れ合い、対話し寄り添って、本当の自分を取り戻すための浄化とエネルギーチャージ、喜びと共感できる仲間作りの旅を提供していきます。

年齢も性別も越えた魂の繋がり。愛と調和、共感と感動の繋がり。

リトリートをナビゲートするスタッフは、
本当の自分で生きるあなたを癒しサポートするエンジンマン Yass
×
高い視点と感性で心を読み取り気づきをもたらす心の調律師 Noriko

新しい自分に出会いに、新しい時代の扉を開きに、
ぜひ一緒にゆるっと軽やかに【魂の旅✨】しませんか?

2022年の立春を過ぎて新たな年の始まり。
プチ旅行を楽しみながらも、自分自身と向き合い、ご縁を広げて結んでいく。
人とのご縁、神様とのご縁、仕事やお金とのご縁を結び直す。
自分自身の浄化と再生。意識の変容。

カードを引きながらその時々の感覚をシェアし合いながら、パワースポット神社を中心に、自分自身と繋がる一日にしていきたいと思っています。

f:id:spiritualwalker:20211220144110j:plain

 

パワースポット その1 安房神社(あわじんじゃ)

f:id:spiritualwalker:20211220122617j:plain

安房神社は一度訪れたことがあるが、忘れられない神社のひとつ。
というのも、私はこの神社で人生初の「凶」のおみくじを引いた神社であり、その後も他の神社で「凶」を引いたことがない。
まぁ今その当時のことを振り返ってみれば、「凶」を引いてもおかしくない状況だったのと、私自身の心がめちゃくちゃブレていた時期でもあった。
そういう自分の体験から、この神社はとてもストレートに神様からメッセージをいただけるし、「凶」を引いた経験も今思えば「ご利益」だと思える。

 

f:id:spiritualwalker:20211220123114j:plain

安房神社は検索してみると「三大金運神社」のひとつとしても名高いということや、船井幸雄さんの言う「イヤシロチ」だと言われている。
ちなみに、イヤシロチとは簡単に言えば【氣がよく癒される場所】ということだが、繁栄発展する土地、植物の生育がいい土地、動物たちが集まる土地、つまり地場のエネルギーが整っている土地ということだ。

神社の境内は広く、お社も本殿以外にもいくつか建てられている。
金運だけではなく、上の宮というお社の神様は縁結びの神様だし、下の宮のお社は新しいご縁を開拓したり、自分の道を新たに切り開いたりする神様のエネルギーを受け取ることができるので、人だけではなく、仕事のご縁、ひいてはお金とのご縁も強く太く結んでくれる。

お水取りやお砂取りもできるので、この土地のエネルギーを受け取って自分の家にもエネルギーを持ち帰ることもできるようです。

 

パワースポット その2 洲崎神社(すのさきじんじゃ)

f:id:spiritualwalker:20211220124431j:plain

昔の地名で言うと、この辺りは安房の国と呼ぶ。ひとつの地域には一の宮と呼ばれる神社はひとつだが、安房の国だけふたつの一の宮がある。
そのひとつが前述の安房神社で、もうひとつの一の宮がこの洲崎神社である。

言い伝えによると、源頼朝が合戦で敗れて安房の地へと避げ込み、再起をかけて洲崎神社に祈願したところ、天下を治めることとなり、鎌倉幕府を開いたということだ。

再起を祈る、セカンドチャンス、リベンジなど、あきらめた(あきらめかけた)夢に対してもう一度チャンスを与えてくれて後押しをしてくれるエネルギーの神社だ。

拝殿は「厄払坂」の階段を上った高台にある。148段の階段だが一段上るごとに厄が払われると言われている。

 

f:id:spiritualwalker:20211220130236j:plain

本殿で祈りをささげた後は階段を下りて道路を渡って海へ続く道を行くと、こちらにも鳥居がある。運が良ければ富士山が眺められる。
鳥居をくぐると海が広がり、そこには「御神石」という大きな石が鎮座している。
海上の安全を守る石です。

また「御神石」の近くには「出逢いの鐘・幸福の鐘」という鐘があるので、ぜひ鳴らしてみたいと思う。

 

パワースポット その3 天津神明宮(あまつしんめいぐう)

f:id:spiritualwalker:20211220132147j:plain

三か所目は、房総の伊勢と呼ばれている天津神明宮。
南房総は比較的暖かい土地だし、春分を過ぎた新年だし、伊勢に行かずとも天照皇大神豊受大神八重事代主神大山祇大神など七柱の神が合祀されている神社なので、ワンデーリトリートにはぴったりかなと思ってここも巡ろうと思っています。

しかも、この神社はかなり太っ腹な神社で拝殿内に上がって神前で手を合わせることができるし、お米やお塩を自由にお持ち帰りでき、神様の御心をありがたく頂戴できる神社だ。

 

f:id:spiritualwalker:20211220133613j:plain

山頂には伊弉諾(いざなぎ)、伊弉冉(いざなみ)の神を祀る諾冉(なぎなみ)神社がある。片道10分の軽い登山だけど、山登りはグラウンディングにも最適だし、夫婦の神様を祀っているという良縁を結ぶ感じだし、楽しみながら歩きたいと思っている。

 

パワースポット その4 濃溝の滝(のうみぞのたき)

そんなわけでワンデーリトリートで訪れようと思っている神社は3つ。

あともう一か所、時間次第だけど「濃溝の滝」も訪れたいなと思っている。

youtu.be

朝早くいくと洞窟に差し込む光が水面に反射してハート型になるということで、話題になったスポットだが、きれいな水の流れは浄化にもなるし、気持ちがいい。
時間があったらぜひいってみたいと思っているスポットだ。

 

f:id:spiritualwalker:20211220135330j:plain

 

リトリートの詳細

2022年2月20日(日)横浜駅付近8時集合

※詳しくは個別にご連絡します。

旅行代金 25,000円
募集人数 4名限定
お申し込み締め切り 2/6(日)まで

キャンセルポリシーをご一読ください。
お申込みをもって同意とさせていただきます。

 

《旅行代金に含まれるもの》
・車での移動交通費
・ナビゲート代

《旅行代金に含まれないもの》
・自宅から集合場所間の交通費
・昼食代
・神社参拝時の拝観料、お賽銭、授与品等
・施設入館料、利用料等

 

 

 

2021/12/2-4 TAMATABI 新しい文明の中心地。東経135度・淡路島2泊3日リトリートのお知らせ。

TAMATABIの第二弾が決まりました!
前回は香川県の三豊という浦島太郎の伝説が語り継がれる土地での開催となり、参加してくださった人たちとの濃くて深い時間、繋がりを感じました。
そのリトリートの最後の1泊を過ごした淡路島。この地はこれからの日本、いや世界に大きな影響をもたらすと言われている土地でもあります。
第二弾はこの淡路島をじっくりと味わい、この地のエネルギーと深く繋がろうということで、12月2日~4日(2泊3日)の日程で開催します。

TAMATABIでは、「本当の自分で生きる。自分の魂を輝かせる✨」をコンセプトに自然に触れ、同じ想いの仲間たちと触れ合い、対話し寄り添って、本当の自分を取り戻すための浄化とエネルギーチャージ、喜びと共感できる仲間作りの旅を提供していきます。

年齢も性別も越えた魂の繋がり。
愛と調和、共感と感動の繋がり。

旅をサポートするスタッフは、
本当の自分で生きるあなたを癒しサポートするアロハコネクター Yass
×
高い視点と感性で心を読み取り気づきをもたらす心の調律師 Noriko

新しい自分に出会いに、
新しい時代の扉を開きに、
ぜひ一緒に【魂の旅✨】しませんか?

 

リトリートのコンセプト。価値と意味合い

「ガイアの法則」って知っていますか?
この生命体としての地球にはある一定のリズム、法則があるようです。
それを「ガイアの法則」と呼んでいるようで、下記の動画がわかりやすいです。

 

youtu.be

 

これを信じるも信じないもその人次第ですが、いずれにしても、この東経135度・新しい文明の中心地・淡路島で、一回しっかりとこの土地のエネルギーを吸収したい、という思いがリトリートを主催するTAMATABIのスタッフたちにはあります。

この地で始まる新しい文明は、すべてがひとつ、調和、物質より精神、霊性を高める、つまり体と心は分け隔てがないという文明。
体感して学び成長する、ということがキーワードな気がします。
ですからこの土地のエネルギーをリトリートで魂の仲間と一緒に体感して染み込ませて調和する、眠っていたDNAにスイッチを入れてONにするという体験が必要なのだと感じたのです。

 

繋がり直して再生する。本当の自分を生きる旅

今回のリトリートの舞台となるのは淡路島。日本神話的には日本の発祥の地とされていて私たち日本人の原点でもあり、一宮である伊弉諾神宮は太陽の運行の中心点に位置していて「陽の道しるべ」という碑もあります。
この地は自分自身ともう一度繋がり直す、本来の自分へと繋がるエネルギーの発露ではないだろうか、と思っています。
非日常の空間で心を休め、自分を向き合い、仲間と対話し、美味しいものを食べる。
そんな素敵な場所を拠点に「繋がり直して再生する。本当の自分を生きる旅」を展開していきます。

 

f:id:spiritualwalker:20211118190337j:plain

f:id:spiritualwalker:20211118185706j:plain

f:id:spiritualwalker:20211118192513j:plain

 

淡路島は日本の創世神話にも登場する私たちの民族に深い関りを持つ土地です。

kuniumi-awaji.jp

随所にパワースポットが点在しています。そんな土地を巡りながら、淡路島のエネルギー、おおもとに繋がるエネルギーをチャージしていこうと思っています。

f:id:spiritualwalker:20211016121317j:plain
f:id:spiritualwalker:20211016121328j:plain
f:id:spiritualwalker:20211016121342j:plain
f:id:spiritualwalker:20211016121350j:plain
travel-noted.jp

 

まぁ言ってみれば、島全体がパワースポットです。
滞在するだけで感じるものがあるはずですし、ひとりで行くよりも仲間とのエネルギーの相乗効果でものすごいスピードで本当の自分との繋がり、統合ができます。

変化変容が大きい気づきの連続、自分も知らなかった自分に出会える、そして偶然なんかじゃなかった仲間との繋がり、本当に日常では感じられない次元を超えた余韻の長い旅になることは確かです。

ぜひTAMATABI第二弾、淡路島リトリートに参加してみてください。

 

リトリートの詳細

TAMATABI 2021/12/2~4 淡路島詳細

12/2(木)
10:30 神戸・三宮集合

その後、淡路島に向かいます。
いくつかパワースポットを巡ってから宿泊先にチェックイン。夜は手作りディナーを囲みながら、語る時間。カードリーディングも。

 

12/3(金)
いくつかパワースポットをゆっくりと巡ります。
車の中でもカード引いたり、お喋りしたり、仲間とのご縁を深める時間。

12/4(土)
ゆっくりチェックアウト後、美味しいランチ。
その後、淡路島散策。
16:30頃 神戸・三宮解散

 

旅行代金 126,000円
募集人数 4名限定
お申し込み締め切り 11/18(木)まで

キャンセルポリシーをご一読ください。
お申込みをもって同意とさせていただきます。

 

《旅行代金に含まれるもの》
・宿泊代金
・朝食2回/夕食2回
・現地車での移動交通費
・ナビゲート代

《旅行代金に含まれないもの》
・自宅から集合場所間の交通費
・昼食代
・神社参拝時のお賽銭など個人的な出費
・その他、オプショナルアクティビティ代

 

2021/11/6 TAMATABI 浄化・充電・癒し・気づき。御岩神社&泉神社(茨城)1DAYリトリートのお知らせ。

早いもので9月。今年も残りわずかになってきました。
環境の変化によって自分自身の意識の変化を余儀なくされた人もいることでしょう。
ひとりひとりがどういう意識で日々を過ごすか。
周りの出来事に振り回されながら、誰かの意見に従っていきるのか。
自分自身の内側を見つめ直して、自分に正直に素直に生きていくのか。
自分の意識が自分の人生を創っていきます。

仕事や普段の生活を離れて、非日常の空間の中で自分自身と向き合う。
いつもの役割からありのままの自分と繋がり直すことで、心とからだをリラックスさせる。
自然に触れたり、仲間と対話したり、思い切り遊んだり……。
自分時間を過ごす旅のスタイル、それが一般的な「リトリート」の概念です。

私が勧めるリトリートは、「浄化・充電・気づき」が基本的なテーマ。
今回はワンデーリトリートという気軽に参加できるパワースポットでのリトリートを企画してみました。

 

 

「自分を生きる」時代

まるで映画『マトリックス』の赤と青の錠剤のように、選択を迫られている。
そんな時代に今私たちは図らずも生きています。

 

f:id:spiritualwalker:20210913110809j:plain

 

今までは誰かの指示に従って生きていればなんとかなったし、周りに合わせて無難に生きていれば良かったかも知れません。
しかし今これからは自分自身の個性を輝かせていく生き方を迫られています。すべての物事を「自分自身で」判断し、決めていく、という時代です。

それはある人にとっては不安を感じるかも知れません。誰かを頼り、依存し、長いものに巻かれる、相手に合わせて個性を消す人生を歩んでいた人にとっては、苦しい時代になるかも知れません。

逆に、個性を際立たせ、自分らしく生きてきた人にとっては、とても軽やかで自由を感じるかも知れません。

そもそも自分についてなんて考えもしなかった人にとっては……どうなんでしょうか、いずれにしても、今多くの人たちがある種の選択を迫られている時代だと感じています。

 

リトリートの効果

自然の力はとても偉大です。
自然はこんがらかってしまった思考や心の閉塞感を解放させるパワーがあります。
自然の中でみずからを解放すること、心の内側を仲間に話すこと。
その土地で触れるもの、見るもの、味わうものなど、五感を通して自分と繋がっていく。それがリトリートの醍醐味だと感じています。

「そっか、私はこれが好きだったんだ」「なんだか楽しい」「なんだか幸せ」という本当の自分に繋がるきっかけを見つける。
それがリトリートという旅の在り方だと考えています。

あなたが生き生きして自分と繋がっている時、生まれながらに持っているギフトに気づく。
そしてギフトを手にして生き生きしているその姿は、また他の誰かの勇気や癒しや希望になっていくのです。
そうして本当の自分を生きる人たちの繋がりが、豊かさを拡大していき、やがて全体が豊かになっていくのです。

自分が自分であること。あなたがあなたになること。それがリトリートの効果です。
それは私が提案し追求したい「自分を知る」「本当の自分に戻る」に通じるものです。
それが豊かさへの入り口ですし、世界平和の入り口ですし、愛と調和の世界の源なのだと感じています。

 

f:id:spiritualwalker:20210401091035j:plain

 

神社は聖地。自然に神が宿る場所

日本の場合、豊かな自然がある中にはおよそ神社が建てられています。
自然の中に神を見出す豊かな感性が私たち日本人にとっての宝でもありますし、自分に繋がる糸口でもあるのだと感じます。

今回訪れるのは茨城県日立市にあるふたつの神社(自然)です。


ひとつは「御岩神社」

f:id:spiritualwalker:20210913121636j:plain

www.oiwajinja.jp

この神社は188もの神様を祀っていて、この神社をお参りすると日本のほぼすべての神々をお参りすることができるパワースポットです。
鳥居をくぐると急に空気が変わります。広い神社ですので、ゆっくり時間をとって巡りたいと思っています。

aumo.jp

 

もうひとつは「泉神社」
美しい泉が湧く神社で、縁結びのパワースポットとも言われています。

f:id:spiritualwalker:20210913121910j:plain

izumi-jinjya.com

 

透明度が高く美しい泉。浄化のエネルギーを感じるには最高です。
決して大きな神社ではありませんが、この地の清々しさはとても気持ちを軽くさせてくれるパワーがあるように感じます。

14hp.jp

 

このふたつの神社を巡りながら、浄化し、充電し、内なる自分と繋がり気づきを得る。
道中、タロットカードを引きながら自分と向き合う時間、仲間とシェアする時間も作っていきたいと思います。

 

リトリートの詳細

【日程】11月6日(土)

【募集】5名限定

【集合】10:45に日立駅に集合ください。レンタカーを利用して行きます。

【場所】御岩神社、泉神社(茨城県日立市

【費用】20,000円 ※手数料かかりますがカード決済も可能です。

キャンセルポリシーをご一読ください。
お申込みをもって同意とさせていただきます。